01_03
お問い合わせ

メディックスがご提供するHubSpot導入・活用支援サービス

 

メディックスは広告領域を強みとした、デジタルマーケティングの総合的知識を持ったプロフェッショナル集団です。
集客、制作、解析・分析、CRMといったデジタルマーケティングの全体領域を、日々の業務としています。
その中の施策の1手として、インバウンドマーケティングにも注力しており、HubSpotの導入・活用支援を行っております。

導入支援サービス

HubSpotのプラン選定の相談から、導入をサポートいたします

HubSpotのプラン選定

状況ごとに必要となるHubSpotのプランは異なります。御社にとって最適なプランが何かを考えるところから、ご支援いたします。

初期導入・設定

導入の際に必要な設定を行います。基本的な設定を行い、すぐに活用いただけるように準備を行います。

CRM連携

HubSpotに内蔵されているCRM以外で他社製品のCRMを利用する場合にAPI連携を行います。

活用支援サービス

HubSpotの活用レクチャーから、プランニング、コンテンツ制作など幅広く支援いたします

HubSpotトレーニング

HubSpotの利用方法をレクチャーします。利用状況や目的に合わせて最適なメニューをご提案します。

活用サポート

HubSpotの活用ヒントや操作方法など、自社で活用する中で困ったことなどをご相談ください。専任のスタッフがお答えします。

運用支援

月に1回、現状の運用状況の分析と今後のプランニングについてミーティングを行います。ブログ記事の投稿やメール配信などの業務を代行することも可能です。

コンテンツ制作

ブログの記事やメールコンテンツなどの制作業務を行います。コンテンツが質量ともに重要となるためHubSpot運用に欠かせない要素です。

HubSpot活用に関するお悩みや、ご質問など

お気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら

インバウンドマーケティングを
成功させるためには、
HubSpotの全体設計が大切

HubSpotでは主に2つの設計が
重要となります

 

マーケティングオートメーションの設計

顧客が置かれている状態や接触するタイミングによって、求めているコンテンツが異なってきます。マーケティングオートメーションでは、顧客の状態や求めている情報、顧客像を想定した上で適切なコミュニケーションがとれるようにコンテンツを提供する必要があります。そのためには顧客像(ペルソナ)や顧客の購買プロセス(カスタマージャーニー)を理解することが役立ちます。

これらが考慮されていないと、ニーズの異なった顧客に求めていないタイミングで不要なコンテンツを渡してしまうなど、コミニュケーションの不具合が起こってしまいます。

コンテンツの設計

インバウンド施策を行う上で重要となるものは「コンテンツ」です。このコンテンツが充実するほど、サービスの魅力が伝わり、顧客が知りたい情報を、より詳しく伝えることができます。これらのコンテンツを作るときには、顧客の求めるコンテンツニーズや、訴求の網羅性、検索エンジン対策など考えなくてはならないことは多岐にわたります。更に、定期的にコンテンツを拡充し続けていくための「構造」も必要となってきます。

この「構造」と「必要となるコンテンツの洗い出し」が初期の設計に必要となります。

HubSpotはコンテンツをBlogなどにストックしていくため、
最適な「コンテンツ拡充設計」が必要。
更に、マーケティングオートメーションツールを用いた「伝え方の設計」が重要。

 

HubSpotの設計メソッドをご提供します

HubSpot活用支援サービスでは、コンテンツの設計とマーケティングオートメーションの設計を行うための独自メソッドをご用意しています。7つのステップで設計を進めていくことが可能です。このサービスでは専任のコンサルタントが伴走型で設計の支援を行います。

HubSpot活用に関するお悩みや、ご質問など

お気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら

様々な集客施策と組み合わせた
ご活用提案も可能です

MEDIXが持つWeb広告領域の強みを
インバウンド施策と合わせてご提供

 

顧客の興味関心を醸成させる「コンテンツ」は、インバウンドマーケティングを行う上で重要な要素。しかしSEOの「即効性」は求めづらい…

インバウンド施策は、「集客をせずに顧客に選んでもらう」という性質上、顧客から選ばれるための「コンテンツ」が重要となります。
このコンテンツを継続的に充実させていくことで検索エンジンからの流入を増やすことは可能ですが、そのためには時間がかかってしまいます。更にキーワードの中でも競合環境などによって、上位を目指す難易度が高いものもあります。難易度が高いキーワードの中に重要なキーワードがある場合、その顧客と接触機会を失う損失となってしまいます。

HubSpot活用に関するお問い合わせ

まずはお気軽にご相談ください

▼下記プライバシーポリシーに同意の上、「送信」ボタンを押してください。

株式会社メディックス(以下、当社といいます)は、営業関連の業務を通して取得する個人情報の取扱いについて以下のように定めます。

1、個人情報保護管理者
当社は、以下の者を個人情報保護管理者として任命し、取得した個人情報を適切かつ安全に管理し、外部からの個人情報への不正アクセスやその不正使用、紛失、破壊、改ざん及び漏洩等を予防する保護策を講じます。
株式会社メディックス システム企画部長 齋藤修一 TEL:03-5565-3156
住所:〒104-0045 東京都中央区築地5-6-4 浜離宮三井ビルディング 4階
2、個人情報の利用目的
取得した個人情報は、その種類により以下の目的で当社において正当な事業遂行の範囲内で利用し、目的以外には利用いたしません。目的を変更する場合はあらかじめ通知又は公表いたします。
  1. 顧客からの問い合わせ=希望される商品・技術・サービスの提案及びそのアフターフォロー
  2. 媒体・商品・技術・サービスの提供申出=導入及び検討のための連絡
  3. 制作の協力申出=導入及び検討のための連絡
  4. 当社が提供する資料のダウンロード登録=資料の送付及びそのアフターフォロー
  5. セミナーの申し込み=セミナーの予約、通知及びそのアフターフォロー
3、個人情報の第三者への提供または委託
取得した個人情報は、以下に掲げる場合に限り第2項に記載する条件に基づいて、当社以外の第三者に提供または委託させていただくことがあります。
  1. 当社の業務委託先が、当社に代ってダイレクトメール、電子メール、またはその他手段で情報または役務を提供する場合
  2. 当社の業務委託先が、当社に代ってアフターサービスなどの個別の役務を提供するために必要がある場合
  3. 統計的情報を提供する目的で、個々の個人情報を集積又は分析し、個人の識別や特定ができない形式に加工して、その統計データを開示する場合
  4. 法令の規定による場合
  5. ご本人および第三者の生命、健康、財産、などの重大な利益を保護するために必要な場合
4、提供または委託する際の当該協力会社との守秘契約
当社の業務の全部または一部を外部に業務委託する際、当社は個人情報を適切に保護できる管理体制を敷き実行していることを条件として委託先を厳選したうえで、「個人情報取扱いに関する機密保持契約」を委託先と締結し、委託した個人情報を厳密に管理します。
5、苦情・相談及び開示等の請求への対応

ご本人は、当社に対してご自身の個人情報に関して「苦情・相談の申出」又は利用目的の通知、開示、内容の訂正、追加又は削除、利用の停止、消去及び第三者への提供の停止(以下、「開示等の請求」といいます)を申し出ることができます。その際、当社はご本人を確認させていただいたうえで、合理的な期間内に対応いたします。なお、個人情報に関する苦情相談窓口は、以下の通りです。

株式会社メディックス システム企画部長 齋藤修一 TEL:03-5565-3156

6、個人情報提供の任意性
ご本人の個人情報を当社に提供されるか否かは、ご本人のご判断によりますが、もしご提供されない場合には当文面に記載された当社のサービスが提供できない場合がありますので予めご了承ください。
7、ご本人が容易に認識できない方法による取得
このページでは、クッキーによる情報も取得しております。ただし、この情報は個人の識別や特定ができるものではなく、また、以下の目的以外には使用しておりません。
  1. 不正アクセスの防止及びお客様の利便性向上のため
  2. 弊社内で利用する統計情報としての取得
なお、お客様のブラウザからはクッキーを受け入れない設定をすることができます。その場合においても本ページをお使いいただくことは可能です。