お電話でのお問合わせはこちら
TEL. 03-5565-3154(平日10:00〜18:00)

このセミナーで得られること

私たちは、クライアント様からのご相談を通して、本来ならもっと成果が出せるはずなのに、少しのテクニックとノウハウを知らないだけで大きく損をしてしまっている方が多いことがわかりました。今回のセミナーは、そんな方の課題を解決するために、明日から使える具体的なノウハウをご提供するセミナーです。

私たちは、リスティング広告などの広告代理業務に留まらないBtoBのデジタルマーケティング全体のプランニングを行っている会社です。
日々の業務の中で、多くのアカウント情報を保有しており、これらの情報を基にして、分析・改善を行っています。
その中で、改善感度が高い手法やノウハウを選び、ご担当者自身の手で「成果」が出せるような形に今回メソッド化しました。

このセミナーに参加いただくことで、次の内容が学べます。

  • コンバージョン数が減ったときに取るべき対策
  • BtoB製品選定者に聞くSEMのポテンシャルとは
  • BtoBに適したリスティング広告の活用方法
  • 顧客を言語化する方法
  • 顧客を理解するためのアプローチ
  • BtoBでSEMを実施するために必要なターゲット分析方法
  • 顧客を”セグメント”として考えるべき理由
  • ターゲットセグメント別3C分析
  • 他社のお悩み別改善事例の紹介
  • 検索キーワードの優先順位の付け方
  • コンバージョンが少ない場合の効果測定の方法
  • マイクロCVを活用したPDCAサイクルの回し方
  • BtoBマーケティングで意外と知らないKPIの設定方法
  • BtoBに最適なDMP、DSPとは
  • BtoBのWeb解析で重要な3つのポイント
  • BtoBのWebマーケティング施策の優先順位付け
  • SEO対策すべきキーワードとリスティング広告をすべきキーワードの見極め
  • 不足しているコンテンツと作成の優先順位の見極め
  • SEO対策を意識したコンテンツの作り方
  • 広告からお問い合わせや資料請求に至らないときの目の付け所

明日から導入可能な具体的なノウハウを、少人数のワークショップ形式で、体験しながらしっかり理解できます。
また、セミナーでお渡しするレジュメ・資料は、すべてお持ち帰りいただけますので、翌日以降の復習などにご活用ください。

 

今回のノウハウを活用したクライアントの成功例

A社様(法人向けネットワーク機器メーカー)

【課題】

「いきなり自社のWebマーケティングを任され、問い合わせ、資料請求を
 増やせと言われたが、何から手をつけてよいかわからない…」

【解決策】

今回のメソッドを活用して、ターゲットの分析や検索エンジンからの流入キーワードに関する状況を整理し、SEO対策を実施すべきキーワードとリスティング広告を実施すべきキーワードに分け、優先順位をつけて施策を実行しました。また、それらの施策に合わせて、現状のWebサイトに不足しているコンテンツについても優先順位をつけて作成しました。

【成果】

施策実施初期については、リスティング広告を始めたことによりWebサイトでのCV数が約2倍に増加しました。また、SEO対策やコンテンツの追加によって、1年後にはPV数は約3倍になり、CV数も約3倍。3年後にはPV数は約15倍CV数は約10倍となりました。

B社様(法人向けソフトウェアメーカー)

【課題】

「リスティング広告を他代理店で実施しているが、なかなかCVが獲得できない…」

【解決策】

現状の広告アカウントの基本設定を確認しました。
弊社が推奨するチェック項目に照らし合わせたところ、最適な設定がされていない箇所が多く見つかりました。特にCVが獲得できていない土日への配信、スマートフォンアプリへの配信などについては、多くの無駄なコストを生み出していました。
これらを改善するために、改めて弊社が推奨する設定に基づき、基本設定の見直しを行いました。
改善を進めるにあたり、出稿キーワードや広告文、ランディングページなど、現状のアカウントが一貫性を持って設計できていないことがわかってきました。この問題に対して、弊社独自のキーワードマッピングシートを活用することで、リスティング広告の戦略を見直し、アカウント全体の設計を改善しました。

【成果】

基本設定を見直しただけでCV数が約2倍に増加(CPAは約1/2)しました。さらにリスティング広告の戦略が明確になったため、PDCAサイクルも確実に回せるようになり、弊社に運用移行した当初に比べてCV数は約3倍(CPA1/3倍)に改善しています。

C社様(法人向け金融サービス)

【課題】

「自然検索でのサイト流入数を増やすため、コンテンツを作成してwebサイトに
 追加しているが、なかなか成果が上がらない…」

【解決策】

SEO対策の現状を整理してみると、キーワード対策の対象となるキーワードの検索ボリュームが少なく、改善するインパクトが小さなキーワード群が多い傾向でした。
BtoBの場合、ニッチで専門性が高いキーワードが多いため、検索ボリュームが少なくなりやすい傾向にあります。キーワードの抽象度や概念を広げすぎると見込みの低い顧客が多く混ざって来てしまいます。したがって、キーワードの検索ボリュームとターゲットとする顧客の見込み度合いとのバランスを見ることが重要になってきます。
また、キーワード対策をするキーワードの選定方法についても、思いついたものからキーワード対策をする、という状況だったため、このような事態を招いていました。
この状況に対して、まずは今回セミナーで紹介するメソッドを活用し、ターゲットとする顧客セグメントの整理と、顧客の態度変容に合わせた検索キーワードを整理することにしました。そして、それら検索キーワードを調査して、検索ボリュームが多く、顧客の見込み度合いが高いキーワードを選定してSEO対策(コンテンツのブラッシュアップ、新規作成など)を行いました。

【成果】

対策キーワードの約7割が検索結果順位10位以内にランクインしました。これにともない2年間でPV数も約3倍になりました。

D社様(法人向けクラウドサービス)

【課題】

「リスティング広告について、問い合わせ・資料請求の獲得単価が高い
 キーワードを切り捨てていたら、WebサイトCV数が縮小してしまった…」

【解決策】

リスティング広告とWeb解析ツールを連携することにより、リスティング広告においてCVが獲得できていないキーワードの直帰率やフォーム到達率をチェックできるようにしました。その上で、CVが獲得できていないキーワードのCV獲得のボトルネックを見つけ、対策を打つことでCV獲得キーワード化を図りました。また、Webサイト全体のCV数と相関性の高い指標をWeb解析データより導き出し、その指標を中間指標として広告配信を最適化しました。

【成果】

1年間でリスティング広告からのCV数は約1.5倍に増加して、サイト全体でのCV数は約2倍に増加しました。

 

E社様(法人向けバックアップツール)

【課題】

「各種広告によってサイトへの流入数はあるが、なかなか問い合わせや
 資料請求がこない…」

【解決策】

まず、現状を把握するために、Web解析ツールにより分析をしてみると、各種広告からの訪問者における直帰率が非常に高いということがわかりました。また、ヒアリングを進めると現状のサイトに掲載しているコンテンツは、都度、営業から掲載してほしいと要望があったものをそのまま載せてしまっているということがわかり、このことも直帰率が高い要因につながっているようです。
これらの課題を受けて、今回のセミナーで紹介する手法を使い、ターゲットの顧客セグメントの整理と顧客の態度変容に応じた検索キーワード全体の整理を行いました。これにともない、検索キーワードに対応するコンテンツについても整理を進めました。
その結果、多くのコンテンツが不足していることがわかり、現状のWebサイトに存在するコンテンツについて、他コンテンツとのつながりや導線に見直しの必要があることがわかりました。よって、Webサイトのリニューアルとリスティング広告を中心とした各種広告手法のリンク先の見直しを行い、問い合わせや資料請求数のアップを図りました。

【成果】

1年間で各種広告からのCV数は約10倍に増加して、サイト全体のCV数も約20倍に増加しました。

 

セミナー講師紹介

【プロフィール】

株式会社メディックス 前野 聖人

東京都立大学建築学科卒業後、首都大学東京大学院都市環境科学研究科にて建築学修士取得。
建築・都市を研究する傍ら、建築や都市とインターネットの類似性からWebの世界に興味を持ち、大学、大学院時代からWebを活用した事業を推進(バーチャル店舗ECサイト、新感覚Web雑誌 世界3都市展開、クリエイター発掘サイトなど)。これらの活動を通してインターネットの可能性を大いに感じ、2010年株式会社メディックスに入社。

BtoBデジタルマーケティングに専門性を持つ部署で、様々なクライアント企業にマーケティング支援を行う。

これらの結果が実を結び、通期MVPを含む四半期MVPを4度受賞。マーケティング支援を実施した企業数は100社以上、支援企業の商材カテゴリは多岐に渡る(※1)。マーケティング支援の内容も幅広く、コミュニケーション設計、集客領域、Webコンテンツ制作領域、解析領域など多くを手がけているる。これらのBtoBのデジタルマーケティング全体を一貫して行う中で、SEM領域の支援実績は豊富。法人向けバックアップツールを扱うE社において1年間で各種広告からのCV数は約10倍に増加、サイト全体のCV数も約20倍に増加させることに成功。

(※1)
ビジネス系メディア、法人向けソフト、法人向けクラウドサービス、グループウェアなどの情報共有システム、コミュニケーションツール、ERP、会計システム、EDIなどの基幹系システム、IPS、IDS、UTM、WAFなどのネットワークセキュリティ、セキュリティソフト、ワンタイムパスワード、Webフィルタリングなどのエンドポイントセキュリティ、CRM、SFAなどの情報システム、ロードバランサ/ADCなどのネットワーク機器、IaasやPaasなどのデータセンターサービス、VDIやシンクライアントなどの仮想化ソリューション、バックアップ、サーバ、ストレージ など

セミナー概要

セミナー名

結果を出すためのBtoB向け独自SEMメソッド公開セミナー

日程

現在セミナーは開催しておりません。
開催日時が決まりましたら、随時掲載いたします。

場所

株式会社メディックス (セミナールーム)

【住所】
〒104-0045 
東京都中央区築地5-6-4 浜離宮三井ビルディング 4F
大江戸線 築地市場駅 徒歩5分 大江戸線/ゆりかもめ 汐留駅 徒歩7分
JR/銀座線/浅草線 新橋駅 徒歩10分

定員

10名

セミナー受講費用

4万5,000円(税込)

本セミナーの特長

このセミナーは、少人数で行うワークショップ形式のカリキュラムなどを取り入れてご提供します。セミナー受講の翌日からすぐに活用いただける、具体的なSEMのノウハウを中心とした内容になります。

注意事項

・参加希望者が定員を超えてしまった場合については、抽選とさせていただきます。

・このセミナーではワークを行っていただくため、ノートパソコンをご持参ください。
セミナーの内容については、予告なく一部変更する場合がございます。
このセミナーは、企業向けのマーケティングセミナーのため、学生の方のご参加は
 ご遠慮いただいております。
弊社の競合関係にあたる企業のご参加はお断りする場合があります。ご了承ください。
・キャンセルを希望される方は、1週間前までにご連絡ください
キャンセル待ちをご希望の方は、セミナーお申し込みフォームよりご連絡ください。

当セミナーについてのお問い合わせ

 

現在セミナーは開催しておりません。
開催日時が決まりましたら、随時掲載いたします。
当セミナーについてのお問い合わせ、ご質問などがあれば、下記フォームからご連絡ください。

*は必須項目です

セミナーに関するお問い合わせフォーム

▼下記の個人情報取り扱いに同意の上、「送信」ボタンを押してください。

株式会社メディックス(以下、当社といいます)は、営業関連の業務を通して取得する個人情報の取扱いについて以下のように定めます。

1、個人情報保護管理者
当社は、以下の者を個人情報保護管理者として任命し、取得した個人情報を適切かつ安全に管理し、外部からの個人情報への不正アクセスやその不正使用、紛失、破壊、改ざん及び漏洩等を予防する保護策を講じます。
株式会社メディックス システム企画部長 齋藤修一 TEL:03-5565-3156
住所:〒104-0045 東京都中央区築地5-6-4 浜離宮三井ビルディング 4階
2、個人情報の利用目的
取得した個人情報は、その種類により以下の目的で当社において正当な事業遂行の範囲内で利用し、目的以外には利用いたしません。目的を変更する場合はあらかじめ通知又は公表いたします。
  1. (1)当社サービスについてのお問い合わせ・資料請求・無料診断申込み
      希望される商品・技術・サービスの提案・資料の送付及びそのアフターフォロー
  2. (2)貴社サービスについてのご紹介(媒体・商品・技術・サービス及び制作協力等の申出)
      導入及び検討のための連絡
  3. (3)当社が提供する資料のダウンロード登録
      資料の送付及びそのアフターフォロ
  4. (4)セミナーの申し込み
      セミナーの予約、通知及びそのアフターフォロー
3、個人情報の第三者への提供または委託
取得した個人情報は、以下に掲げる場合に限り第2項に記載する条件に基づいて、当社以外の第三者に提供または委託させていただくことがあります。
  1. 当社の業務委託先が、当社に代ってダイレクトメール、電子メール、またはその他手段で情報または役務を提供する場合
  2. 当社の業務委託先が、当社に代ってアフターサービスなどの個別の役務を提供するために必要がある場合
  3. 統計的情報を提供する目的で、個々の個人情報を集積又は分析し、個人の識別や特定ができない形式に加工して、その統計データを開示する場合
  4. 法令の規定による場合
  5. ご本人および第三者の生命、健康、財産、などの重大な利益を保護するために必要な場合
4、提供または委託する際の当該協力会社との守秘契約
当社の業務の全部または一部を外部に業務委託する際、当社は個人情報を適切に保護できる管理体制を敷き実行していることを条件として委託先を厳選したうえで、「個人情報取扱いに関する機密保持契約」を委託先と締結し、委託した個人情報を厳密に管理します。
5、苦情・相談及び開示等の請求への対応

ご本人は、当社に対してご自身の個人情報に関して「苦情・相談の申出」又は利用目的の通知、開示、内容の訂正、追加又は削除、利用の停止、消去及び第三者への提供の停止(以下、「開示等の請求」といいます)を申し出ることができます。その際、当社はご本人を確認させていただいたうえで、合理的な期間内に対応いたします。なお、個人情報に関する苦情相談窓口は、以下の通りです。

株式会社メディックス システム企画部長 齋藤修一 TEL:03-5565-3156

6、個人情報提供の任意性
ご本人の個人情報を当社に提供されるか否かは、ご本人のご判断によりますが、もしご提供されない場合には当文面に記載された当社のサービスが提供できない場合がありますので予めご了承ください。
7、ご本人が容易に認識できない方法による取得
このページでは、クッキーによる情報も取得しております。ただし、この情報は個人の識別や特定ができるものではなく、また、以下の目的以外には使用しておりません。
  1. 不正アクセスの防止及びお客様の利便性向上のため
  2. 弊社内で利用する統計情報としての取得
なお、お客様のブラウザからはクッキーを受け入れない設定をすることができます。その場合においても本ページをお使いいただくことは可能です。

トップ