BLOGBtoBマーケティングに関連したお役立ち情報を発信

BtoB企業にリターゲティング広告をおすすめする理由とは?活用方法についても解説

Nov 15, 2021 5:00:00 PM
BM_shutterstock_1144615199

「リターゲティング広告とはどんな広告なの?」
「BtoB企業にリターゲティング広告がおすすめの理由を知りたい」
BtoBマーケティング担当者のなかで、このような疑問をお持ちの方はいないでしょうか?

Web広告には多くの種類があり、リターゲティング広告もその1つです。しかし、Web広告は、あまりに種類が多いので、実はどんな特長があるのか、あまりよくわかっていない。という方も少なくないようです。

そこで本記事では、リターゲティング広告とは、どのような広告なのか。また、BtoB企業におすすめする理由や今後の動向、活用方法などとあわせて解説します。


リターゲティングとは


リターゲティングとは、自社サイトへの訪問履歴のあるユーザに対して、外部のWebサイト閲覧中に広告を表示する手法を指します。

リターゲティングにより表示する広告は、リターゲティング広告と呼ばれます。例えば、あるサイトで商品をチェックしたら、別のサイトでも同じ商品の広告が表示された経験はないでしょうか?それがリターゲティング広告です。顧客がすでに、自社商品に興味関心があると把握できているため、費用対効果がよく、コンバージョンにつなげられることが、リターゲティング広告の特長です。

同じ追跡型広告としては、リマーケティング広告もあります。リマーケティングは、Google広告独自の呼び方です。リターゲティング広告もリマーケティング広告も、追跡型広告という意味では、どちらも同じと考えて差し支えありません。本記事では、リターゲティング広告に表記を統一して進めます。


BtoB企業でリターゲティング広告を活用するメリットが大きい理由


BtoB企業にリターゲティング広告がおすすめの理由として、費用対効果が高いことが挙げられます。

BtoBは、BtoCと比較して、ターゲットの範囲が狭いことが特長です。また、一般的にBtoBの広告単価は、高い傾向にあることから、ターゲットとしている人以外の不必要なクリックが増えると、無駄なコストだけがかさんでしまいます。そのため、ターゲティング設定で広告を表示する相手を絞り込み、さらにクリエイティブ(広告文+画像のセット)で、法人用であることがひと目でわかる工夫をするなど、できるだけノイズを減らす必要があります。

その点、リターゲティング広告は、すでに自社サイトに訪問歴がある顧客に絞って広告を出稿できるため、ムダ打ちがなくなります。その結果、費用対効果がよく、コンバージョンを獲得できます。BtoB企業がリターゲティング広告を活用する最大のメリットはここにあります。


リターゲティング広告の今後の動向に注目


Webサイトを閲覧すると、閲覧ユーザの使用しているブラウザに、そのサイトとブラウザとの間でやり取りされた情報がテキスト形式のファイルとして保存されます。このファイルをCookieと呼びますが、リターゲティングは、このCookieの1種類であるサードパーティCookieを活用することで実現しています。

しかし、CookieやIPアドレスといったデジタルデータは、個人情報に該当するという考えが広まってきました。日本では2021年現在、個人情報とはされていませんが、すでにEUにおいては、取り扱いについて定める規則「GDPR」が制定され、違反すると厳しい罰則が科せられるようになっています。

この流れを受け、iPhoneのデフォルトブラウザ「Safari」やGoogleのブラウザ「Chrome」でも、Cookieを制限する方向で動いています。Cookieの規制は、リターゲティング広告の今後にも影響するため、マーケターは動向を注視しましょう。

GDPRについて詳しくは、「GDPRについて日本のマーケティング担当者が知っておくべきポイントと対策」をご覧ください。


BtoB企業がリターゲティング広告を活用できる広告媒体


リターゲティング広告は、運用型広告の多くで活用できます。代表的な広告媒体には、下記のようなものがあります。


  • ・Google広告
  • ・Yahoo!広告
  • ・Facebook/Instagram広告
  • ・LINE広告
  • ・criteo広告

リターゲティング広告は、各媒体の管理画面からリターゲティング用のタグを取得し、自社サイトに埋め込むことで配信できるので、誰でも簡単に始められます。


オウンドメディアの運営とセットでおこなおう


リターゲティング広告は、自社サイトに訪問歴のあるユーザに対して広告を出す仕組みです。そのため、自社サイトに訪問する顧客が少ない場合には、恩恵を受けにくくなります。

リターゲティング広告を活用して効率的にコンバージョンさせるには、オウンドメディアを適正に運営し、多くの顧客と接点を持つことから始める必要があります。まずは、顧客に有益なコンテンツを用意するために、コンテンツマーケティングを実施し、検索結果の上位に表示されるSEO対策を行うなどして、顧客の流入を誘うことが大切です。


まとめ


リターゲティング広告は、自社サイトへの訪問履歴のある、すでに一定の興味・関心がある顧客に対して広告を配信できるため、費用対効果が高いことがメリットです。

ただし、リターゲティング広告を閲覧したユーザのなかには、同じ広告が何度も表示されることを不快に感じる人もいます。場合によっては、ブランドイメージの低下をまねく恐れもあるため、運用するなかで適切な表示頻度を見極めることも大切です。

メディックスでは、長年にわたってBtoBに特化した支援をおこなってきたことから、BtoBマーケティングのノウハウを保有しています。本記事で紹介したリターゲティング広告の運用はもちろん、ターゲットや目的に合わせたコンテンツの制作から、施策を回した上での分析まで、ワンストップで提供が可能です。BtoBマーケティングの改善に課題をお持ちでしたら、お気軽にお問い合わせください。

Tag: BtoBマーケティング

 
一覧に戻る