VOICEメディックスがマーケティング支援した
クライアント様から頂いた声

「知見のなかった大型デジタルイベントを急遽開催。プラットフォームの選択から集客、リード獲得まで、適切な提案をいただきました」

株式会社イグアス 様

article_mv_iguazu

コロナ禍を契機として、ビジネスにおいても将来の予測が難しい時代を迎えたいま、企業には、これまで以上に変化への柔軟な対応力が求められています。

しかし、知見のない取り組みについて、ゼロから実行するのは容易ではありません。実際に、コロナ禍で対面式のセミナーやイベントを中止せざるを得ない状況の中、デジタルイベントへの転換を試みようと四苦八苦した方は少なくないでしょう。

IBMが展開しているパートナー企業向けのマーケティング支援プログラムは、こうした突発的な問題にも対応しています。今回は、このプログラムを活用して新たにデジタルイベントの運営を成功させた株式会社イグアスの事例を紹介します。

対面式イベントが顧客との重要な接点だったため、コロナ禍で窮地に

2006年の創立以来、先進のIT製品・サービスを全国のパートナー企業に提供している株式会社イグアス。とりわけIBM製品に関しては、国内に4社しかいないVAD(バリュー・アディッド・ディストリビューター)として、多数の販売店やISV(独立系ソフトウェアベンダ)の営業支援・技術支援・マーケティング支援をしてきました。

そんな同社の特長の1つが、対面式のセミナーやイベントの開催支援です。全国8ヵ所に営業拠点を展開している強みを活かし、クライアントに対して緻密な支援を行ってきました。しかし、30年以上にわたって開催されてきたIBM iユーザ研究会主催の一大イベント「NEXT(旧・iSUC)」が中止となったことで、同社にも大きな変化が生じます。上級執行役員 ソリューション事業部 事業部長の伊藤 瑞穂氏は、次のように振り返ります。

「IBM iは、IBM Power®の統合オペレーティング環境(旧AS/400)で、多くの企業の基幹システムを支える存在です。『NEXT(旧・iSUC)』は、その最新情報を発信するとともに、ユーザ企業様とイグアスのパートナー様である販売店やISVとの交流の場でもありました。それが中止となったことで、IBM iのマーケット全体が冷え込んでしまうことが懸念されました」(伊藤氏)。

そこでイグアスは、iSUC/NEXTの思いを引き継ぐ形での大規模イベント「iEVOLUTION(以下、iEVO)」の立ち上げに踏み切りました。ところが、準備を進めていた矢先に新型コロナウイルスの感染が拡大。開催を支援するパートナーのセミナーが、次々に中止へ追い込まれる中で、イグアスは大きな決断を迫られます。

「大人数が集まることのできる会場も確保していたので、判断にはギリギリまで迷いましたが、安全を優先しました。最終的に、対面式での開催は断念しました。しかし、イベント自体を中止してしまうと、それこそマーケットの衰退化を招いてしまいます。なんとか状況を打開したいという想いから、デジタルイベントでの開催に切り替える決断をしました」(伊藤氏)。

事例詳細のダウンロードはこちら

「今後も、さらなるご支援と助言を期待しています」

伊藤 瑞穂 様

article-message_img_iguazu

「プラットフォーマーとの細かい調整もスムーズに進めてくださって、本当に助かりました」

細見 美鳥 様

article-message_img_iguazu2
一覧に戻る